立体駐車場には自走式と機械式の2種類があるので収容台数や利便性、セキュリティやランニングコストの他に用途などを比較して最適な方を選ぶとよいでしょう。自走式はドライバーが車両を運転しスロープを使って目的階まで移動するタイプで、建設するにはある程度の広さの敷地が必要です。ショッピングモールなどの大型施設において、上階を利用した大規模な駐車場を運営したい場合などに適しています。機械式は装置内部に車両を収容するため広い土地を必要とせず、敷地面積に対する車両台数を増やして限られた土地を有効活用できます。

広い敷地を用意できなくても収容台数の多い立体駐車場が欲しい場合には、機械式を選ぶのがおすすめです。利便性を重視して立体駐車場を選ぶ場合には、開放的で平面駐車場と同じように使うことができる自走式が適しています。自走式は一般道路と同じ感覚で利用できるため、特別な運転技術を必要とせず初心者や運転が苦手な人でも安心です。車両ごとに十分なスペースが確保されており、乗り降りや荷物の出し入れなども簡単に行うことができます。

屋上部分以外は屋根があるため雨風や直射日光などから車両を保護できるというメリットもあります。機械式の立体駐車場は装置内部に車両を収容するため、自走式のように警備員を配置するなど特別な対策を講じなくてもいたずらや車上荒らしの被害を防ぐことができます。ただしランニングコストを考えると、頻繁にメンテナンスを行う必要がない自走式の方が優れています。自走式は大型の商業施設や病院などに適しており、機械式は限られた土地を有効活用する必要がある都市部の商業ビルやホテルなどに最適です。