1年未満の中古車を新古車とも言いますが、新古車であっても中古車に変わりはありません。中古車である以上、トラブルの懸念は否めません。新車であれば、購入したディーラーで保証が受けられますが、中古車は使用歴があるため保証という点で制限があります。出来るだけ使用歴の少ない新古車を購入する人が多くなっています。新古車には決まりがなく、1年未満の車の多くを新古車と言います。

 

登録のみで未走行の車も新古車ですし、5000キロ走行していても新古車となり、ディーラーが第一所有者であっても、個人が第一所有者であっても同じ新古車となります。このように新古車には確立された概念がありません。なぜ、新古車を選ぶかと言えば、新車よりもお値打ちであるという点でしょう。新車価格とそれほど変わらなければ新古車を選ぶ意味がありません。新車であっても値引きやオプションサービスで30万円程度お値打ちということはあるでしょう。新古車で30万円新車より安いことはお値打ちにはなりません。

 

新古車が中古車であるため、最低でも50万円以上安くなくては購入するメリットがないです。新古車の走行距離が1000キロを超えている場合、50万円以上の価格差があって当たり前です。車は登録し、オーナーが付くことで大きく価値を落とします。使用歴があればなおさらです。新古車の中にはオーディオレス車があり、オーディオを設定すると新車と変わらなくなってしまうこともあるため、購入時には設定される装備の確認をしておくことです。