自動車メーカーは毎年のように新しいモデルを発表し、その販売台数をメーカー間で競い合っています。その中で高い人気を博して多くのユーザーを獲得する車もあれば、残念ながらあまり人気が出ずに販売台数が低迷してしまうモデルもあります。中古車市場では、そのような「不人気車」がたいへんお買い得となっています。

 

人気車であれば当然中古車市場においても連動して人気が高くなりますので、販売価格に関してもなかなか寝落ちがしないという傾向となります。リーズナブルな費用で自家用車を購入したい場合には、人気車を狙うというのはあまり得策ではありません。どうしてもこのメーカのこの車がほしいというこだわりがないのであれば、不人気車に狙いを定めて程度の良い格安な中古車をゲットするというのが賢い購入方法であるといえます。排気量もボディサイズもほぼ同じである車で、一方が高人気車、もう一方が不人気車というケースでは、新車販売価格ではほとんど変わりがないのにもかかわらず、中古車となった場合にはその価格差が大きくなるのです。

 

また、不人気車の場合であれば上位グレードであっても安く購入できたり、オプションが満載となっていてもリーズナブルであったりします。不人気の理由はデザインやコンセプト、サイズ面で市場に受け入れられなかったというケースが多く、車そのものには何の問題もないものです。とにかく安くて程度の良い中古車が欲しいという人にとっては、まさにうってつけの存在であるといえるでしょう。