中古車情報を見る際に、多くの人が気になるのが年式と走行距離です。年式が新しく、走行距離が短いほうが新車により近く、コンディションが良くなりますが、その分価格は高くなってしまいます。中古車を購入する大きな目的の一つは安くクルマを購入するということにありますから、価格が高くなってしまうようであれば意味がなくなってしまいます。場合によっては、新車を値引いてもらって購入したほうが得な場合もあります。

しかし、中古車情報で年式が古く、走行距離が多い中古車の価格は安いことはわかりますが、それだけコンディションは悪くなり、故障や性能の悪化のリスクが伴います。そのためどこで妥協するか、あるいは何を優先するかが重要になってきます。価格とコンディションを比べた場合、どちらを優先するのかは、ある程度決めておく必要があります。中古車情報で悩むのが、年式は新しいけれども走行距離が多い、あるいは年式は古いけれども走行距離が短いという場合です。

相場は1年で1万キロ前後の走行距離と言われており、それが大きく異なる場合は判断に迷います。たとえば、まだ2~3年落ちの高年式車にも関わらず走行距離が10万キロ近くあり、しかし同年式車に比べてかなり価格が安い場合、これはお買い得なのかどうか迷うことでしょう。高年式車の場合、ボディや室内はまだきれいなことが多いです。しかし、走行距離が多くなるとサスペンションやブレーキなどの劣化が考えられます。

エンジンに関しては10万キロ程度であればそれほど問題はありません。そこでサスペンションなどを交換する費用をプラスしても安ければお得と考えても良いでしょう。