愛車の売却を検討する際、気になるのがお値段。できることなら高く売りたいですよね。中古車を高く売るコツには一体どういったものがあるのでしょうか。まずは、タイミングです。

中古車の価格相場は、買い手(中古車購入者側)の需要によって大幅に変動します。1ヶ月で十数万円変動するというケースもざらで、特に売りたい車がフルモデルチェンジをする前後は市場に中古車が溢れ、価格が暴落します。ある程度タイミングを読み、新型が出る前に売却しましょう。また、夏場はスポーツカーやレジャー用にワゴン車といった風に、シーズンによる需要もあるため、車の特性に応じて需要を想定してタイミングを読みましょう。

また、内装外装ともにキレイにしましょう。査定前に洗車を行うだけでなく、内装の掃除やクリーニングも必須です。特に、女性に人気の高いミニワゴンや軽自動車は、内装はキレイな方がより高額が期待できます。外装に関しては、市販のグッズで直るような細かい傷であれば、必ず補修しましょう。

しかし、板金修理が必要である大きなへこみや傷に関しては、修理代の方が高額になる可能性が高いので、そのままにしておきましょう。そして、純正品やオプション品は必ず残しておくようにしましょう。小回りがきいて利便性の高いミニタイプなどは特に社外品のパーツを用いた改造を施したものより、純正品のみである方が査定額は高くなります。逆に、走りの快適性を求めるようなタイプの車に関しては、社外品でも走りやすい改造が施されている方が価格が上がります。

また、オーディオや空調、カーナビなどの動作も確認しておきましょう。