車を買うということは非常に大きな買い物です。しかも自分が乗りたいと思う車乗れるにはそれなりに潤沢な資金が必要になります。もし、自分が希望している車に乗れないとなれば、中古車を検討する人も少なくないはずです。中古車は新車に比べて当然安価な価格で購入できますが注意点もあります。

まずローンの金利です。新車購入時のローンは年利数パーセントに対し中古車をローンで購入する場合は10パーセントを超えることも少なくありません。合計金額がいくらになるのかはしっかりと確認したいところです。そして車検の時期です。

自動車は新車購入の場合3年、その後2年ごとに車検があります。2年半落ちで購入し安く買えたと思っても半年後に車検で大きな出費が出てしまうこともありますので車検時期がいつなのかは確認必須項目と言えます。さあいざ購入した車に乗っていると数年で調子が悪くなることもあります。車その物に当たり外れがあるとは言いますが、購入前に気づくのは非常に難しいため、ある程度は仕方がありません。

しかし購入前にチェックしたいポイントとして「車体の傷」と「オーナー数」は調べておいて損はないでしょう。少しの傷はやむを得ないとして傷があること自体が少し不安要素として残ります。というのも、ある程度大きくぶつけてしまっても販売業者はある程度修復させますので小さな傷と思っていても元は大きな傷だった可能性もあるからです。傷がないに越したことはないのでこれもチェックしましょう。

オーナー数は今までその車を所持した人数です。車は新車で購入すれば丁寧に扱います。1オーナー車であれば大切に扱われた可能性が高いといえます。このように車くぉ購入する際には目に見えない情報も重要になりますので失敗しないチェックポイントは購入前に確認したいところです。