中古車を購入する場合、少しでも安いクルマがほしいと考えている人は多いことでしょう。そして、相場に対して極端に安い中古車があると、心が動かされることでしょう。しかし、極端に安い場合は安い理由があります。まず考えられるのは事故車であることです。

事故車といってもすでに修復してあり、すぐに乗ることができるようになっています。事故車を購入する場合は、どの程度の事故だったのかを確認する必要があります。バンパーやドアのパネルを交換した程度であれば、何の問題もなく乗ることができるでしょう。しかし、骨格であるフレームまで変形してしまうような大きな事故の場合は、後遺症が残っていることもあるので要注意です。

それでも安いので買いたいという場合は、必ず試乗してみて確かめてみる必要があります。手を離した時にすぐに曲がってしまったり、異音が発生するようであるなら、避けたほうが無難です。しかし特に問題を感じなければ、購入しても良いでしょう。できれば販売店で無償修理期間を設定していると安心です。

また、第三者機関による評価があると参考になります。事故以外で中古車が安い場合は、単純に人気がないからということも多いです。人気がないクルマであっても、本人が気にいれば人気があるかないかは問題ではありません。むしろ、安く購入できるということでお買い得車ということになります。

人気がある車種でも、ボディカラーが不人気カラーのために価格が安くなることも多いです。