まずは小顔を阻む原因をつかみ対策をすることが重要

多くの人があこがれる小顔ですが、整形手術やマッサージによる実現の前に、小顔を阻む原因をよく理解しておく必要があります。それが理解できれば生活習慣を変えることによってある程度の小顔レベルまで持っていくことができるはずです。まずは、実力通りの「小ささ」をしっかり手に入れることが重要で、その上でその先の目標を持つのがいいでしょう。小顔を阻む要因はいくつかありますが、まずは脂肪によって大きく見えているケースがあります。

血行の悪さなどによって顔が丸くなってしまうのです。このケースは運動による脂肪の燃焼や生姜、ニンニクなど血行促進効果がある食品を摂取するといいでしょう。また、筋肉の緩みというケースもよくあります。表情が乏しい人などはどうしても表情筋が衰えてしまい、頬や顎がたるんで見えるのです。

これに対する最大の対策は笑顔で、笑って過ごすことによって表情筋を鍛えることが可能です。また、リンパの流れが悪くなることによって水分が十分排出できずむくんでしまっているケースもありがちです。これによって顔が大きく見えてしまうのです。対処法としては、利尿作用の高い食品を積極的にとり、規則正しく早寝早起きを実行することが効果的です。

最後のケースは骨格のゆがみです。背骨のゆがみが顔の骨格のゆがみまで影響することがあるのです。対応策としては、意識して脚を組まないようにしたり、食事の時に左右均等に噛むことを意識するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *