Skip to content

ダンススクールでの服装について

ダンスを習うとき、どんな服装でレッスンを受ければよいのか迷ったりしていませんか。

ここではダンススクールに行くのが初めてでも絶対に浮かないレッスンウエア選びに役立つアドバイスを紹介します。まず、ダンスの服装で一番大切なのはウエアの機能性です。たくさん動き、汗をかくのでストレッチ性の高いもの、そして吸水性の高いもの、速乾性のあるものが良いでしょう。ウエアの質が高ければレッスンにも集中でき、しっかり上達できるでしょう。次に、サイズ感です。

例えばジャズやバレエ、シアターなどは体のラインがくっきり出る、ぴっちりした服装が適切です。繊細な体遣いやステップが多いのでしっかりそれが見えるようにするためです。もしヒップホップなどストリート系のものであれば大きめのサイズが良いでしょう。場合によっては大きい方が躍動感があり動きに厚みが見えてパフォーマンスが上がることもあります。最後に、ファッション性も大事です。

どんな種類のダンスを踊るかにもよりますが、更に深くダンスを理解するためには、その文化的背景も知る必要があります。その音楽のアーティストが身に着けているアクセサリーやデザイン、色遣いなどを研修してみましょう。音楽のジャンルに関連したファッション雑誌などを見てもわかりやすいと思います。始めてスクールに行くときはわからないことが多くて緊張するかもしれませんが、一度知ってしまえば楽になります。スクール初心者でも遠慮せずにぜひウエアでも自分を自由に表現してみてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *