Skip to content

専門家の手伝いをして音楽専門学校の外の人脈を広げる

演奏および修理の腕前を向上させるために通う音楽専門学校は、業界人とのつながりを持つためにも一役買います。

路上で音を奏でて拍手をもらうにしても、前準備で協力者の存在が大きくないと難しくなります。機材の搬入方法から周辺自治体への挨拶など、済ませておく課題は多岐にわたるからです。手探り状態で行っても構わない一方、芸術的な感性を磨ける時間はそれほど多くありません。雑務を要領よくこなしてこそ、技術の向上に没頭することが可能です。

巣立ち独自に活躍しなければならないときには、音楽専門学校でどれだけ広い人脈を形成することができたかで難易度に変化が生じます。演奏者と契約して商売する事務所は、音楽専門学校を卒業したからといって二つ返事で受け入れてもらえるわけではありません。後ろ盾があると信頼度が増しますから、在学中に業界人と親しくなる努力を怠らないことが肝心です。名の知れた存在から推薦があるだけで、事務所側は前向きに契約を考え始める傾向があります。習得できる技術水準には、音楽専門学校が定めた上限があることを忘れないように注意します。

音楽専門学校は主として初級者の実力に合わせた授業内容を展開しますから、入学するまでに練習を重ねてきた人からしてみれば退屈さを感じかねません。もしも業界人との接点があり扱う楽器が同じであれば、個別に演奏方法を伝授してもらえる可能性が高まります。自主練習は基本的なことですが、指導者の存在しだいで実力の伸び具合が違ってきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *