Skip to content

音楽専門学校で音楽の可能性をさぐる

音楽専門学校で音楽を学ぶことは音楽の知識や腕を磨くだけでなく、音楽が周りにどのような影響を与えることが出来るのかを知る、良い学び舎になり得ます。

音楽に対する研究を通して、音楽が人の精神面に大きく関与する事が分かっています。人間の脳には話し声を処理する機能とは別に音楽に特化した神経回路が備わっていることが分かっています。普段はそれぞれ別の働きをしていますが歌詞のある歌を聴くとそれらが重なり合うように処理を始めるのです。このように昔から歌を通して語り継がれてきた文化が多数存在するのもうなずけます。

言葉だけで伝えるよりも歌にして伝える方法は脳の機能をより高度に処理して私たちに届いているのです。音楽で心の疲れを癒す効果も期待できます。自分の好きな曲やその時の状況にあった音楽を聴いてリラックスしたり、元気になったり。聞いている曲によって、見るものの印象が変わるとの話もあるので、ハッピーな気持ちになりたい時には明るい曲を選んで自分を元気づけるという聞き方も効果があります。

音楽専門学校で自分の道を極めるというのも大事ですが、好奇心の窓は若い時にたくさんの物を吸収します。いろいろなジャンルの音楽に触れ、知らなかった事を仲間や先生から学べる最高の機会です。霊長類の中で一定のリズムを刻みお互いの動きに合わせることが出来るのは人間だけという研究もあります。音楽専門学校で培ったリズムを使った作品が将来きっと誰かの心に届く日が来るでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *