Skip to content

芸能関連の専門学校は何をするところ?

芸能とは映画や演劇、歌謡、舞踊や落語など大衆的な娯楽のことを指します。

このためひとつに芸能といってもその範囲は広いもので一括りには出来ないものです。この道に憧れる人は多く、そのための専門学校も多く存在しています。芸能関連の専門学校といっても、それぞれの目的に応じた学科コースが多数用意されており、目指すべきもののスキルを学ぶための学校という位置づけになるものです。

専門学校の学科コースとしては「写真」「放送」「映画」「特殊メイク」「マスコミ」「映像」「音響・コンサート」「サウンドクリエーター」「ダンス」「俳優・タレント」「ミュージシャン」などがありますが、分類としては「映像関連で映像を作る側(写真家や映像作家、テレビ・映画関連など)」、「コンサートなどでサポートする側(会場スタッフなど)」と「映像に映ったりコンサートで演じる側(俳優など)」に別れます。

映像に映る側は容姿や才能が必要で、必ずしも誰もが成功するものではありませんが、専門学校で不足しているスキルを学ぶことができます。一方で映像制作やコンサートのサポートする側は、機器を操作するもので一定のスキルがあれば、その分野で活躍することができます。芸能関連の専門学校では、あくまでも基本的なスキルを身につけることが目的で、一般の学校では学べない知識や技術を手に入れることができますし、学校によっては芸能関連の会社との繋がりもあり就職サポートを受けられるといったメリットもあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *